ミタ、ミタ?

『わたくしが、初めて紹介所の所長さんから最中をいただいたのは
キイさんと同じ年の頃でした。その一年前、近所の川で溺れそうになったわたくしを
救おうとして、大好きだった父が死にました。それ以来、母は心のどこかで、
最愛の夫を殺した娘を憎み、避けるようになりました。
わたくしは、勉強や習い事を必死に頑張り、なんとか母に喜んでもらおうとしました。
しかし、再婚し、子どもをつくると、弟のことばかり可愛がるようになりました。
義理の父がわたくしに色目を使うようになると、母はますますわたくしを憎むようになりました。
お前のその笑顔が悪いんだ、その笑顔は周りのものを不幸にすると、
何度も何度も責められました。それでも当時、うちの家政婦をやっていた所長さんに励まされ、
わたくしは懸命に笑顔を作りました。いつかこんな自分を愛してくれる人に
めぐり合えると信じていました。そして、主人と出会いました。彼にそっくりな男の子も出来ました。
わたくしのこしらえた料理を、おいしい、おいしいと食べてくれる2人を見ているだけで、
他には何もいりませんでした。毎日毎日が幸せで、心から笑って過ごしました。
そんな時、弟が家に来るようになりました。わたくしを愛していると言い出し、
つきまとうようになりました。主人がそんなこととは夢にも思わず、弟をいつも歓迎しました。
それをいいことに、弟はわたくしに関係を迫り、ストーカー行為を始めました。
父親が違うとはいえ、きょうだいであり、わたくしは、何とか彼の善意に訴えようとしました。
何度も何度も許してほしいと頼みました。しかしダメでした。

やがて、主人が弟の正体を知りました。二度とこないでくれと、主人に責められた弟は
逆上し、俺を誘惑したお前が悪いんだと、わたくしたちの家に火を付けました。
燃え盛る火の中、お母さん助けて、お母さん助けてと叫ぶ、息子の声が聞こえました。
わたくしは火の中に飛び込もうとしました。でも、消防の人に止められました。
わたくしがこの世で一番大切だった、主人と息子は死にました。
そんなわたくしを嘲笑うかのように、弟が自ら命を断ちました。
残された母や、主人の両親は、お前が悪い、お前のその笑顔が、結局周りのものを不幸にすると、
もう謝らなくていい、何もしなくていい、ただもう、死ぬまで二度と笑うなと。
こうして、わたくしの人生から、光が、希望が、夢が、愛が、喜びが、幸福が、未来が消えました。
わたくしのことはすべてお話しましたので、約束どおり、お暇をいただきます。』

視聴率、29.6%!

www.xtr-web.com

[PR]
by xtrita | 2011-12-01 15:52
<< To 帯広 R.I.P Heavy D >>